パーソナルツール
現在の場所: ホーム 備忘録 Windows バッチ処理をバックグラウンドで行う
 

バッチ処理をバックグラウンドで行う

通常、バッチファイルの起動中(処理中)はコマンドプロンプトの画面が前面にでてしまうが、ショートカットを作成し、プロパティから実行時の大きさを「最小化」に選択することにより前面に出すことは防げる

しかし、実行中はタスクバーに表示されていることになる

完全にバックグラウンドで処理するには VBS を使用する
以下の内容をテキストに記載させ、拡張子 ".vbs" で保存する

CreateObject("WScript.Shell").Run "<バッチファイルのファイルパス>",0


作成した VBS を起動することにより、バッチファイルがバックグラウンドで実行される